2020/05/19

「ジャーン」は鐘かオーケストラか

「ジャーン」というオノマトペの初出を私は知らないのだが、鐘をイメージするのが本来だろう。中国の銅鑼は古くから戦争で使われていて、10世紀頃から楽器となり18世紀にヨーロッパに伝わったそうだ。ルーツが同じだからオーケストラの音がジャンと聞こえてもおかしくはないわけだ。

競輪用語で「ジャンが鳴る」のジャンは鐘のイメージだと思うし、パチンコでの「ジャンジャン出てくる」も鐘なんだろう。

「ジャン」は鐘っぽいと言われればそうだ。「ジャーン」はどうかというと、あまり日本の鐘はイメージできない。多くの人がどちらかというとオーケストラの音を思い浮かべるのではないか。ベートーヴェンの交響曲第5番を「ジャジャジャジャーン」と表現したのは、いつのことだろう。そのあたりにオーケストラの音を表すオノマトペの源があるのではないか。

そう思って国会図書館を検索すると、古い文献に「ジャーン・ポール・サルトル」とか、「アゼルバイジャーン」は出てくるが、かすりもしない。それ以上検索出来ず断念した。

Google BooksはOCRでかなりの古い文章をデータ化しているが、これはどうか。
1936年の寺田寅彦全集、文學篇に「此の地鳴の音は考へ方によつては矢張ジャーンとも形容され得る種類の雑音であるし、又其の地盤の性質、地表の形状や被覆物の種類にょっては一層ジャーンと聞え易くなるであらうと思はれ得るたちのものである。」とあった。これは鐘の音をジャーンと表現しているようである。
1941年の村上知行訳水滸伝に「ふたりが山ちかくまでくると、やにわにジャーンと鐵躍の音がした。」とあるから、これも鐘である。
1950年の科学の辞典という本に「金属の円い板を打ち合わせてジャーンジャーンと音をたてるシンバルというもの」という表現が見られた。そうかシンバル辺りでオーケストラとの融合があるかもしれない。

青空文庫に行こう。
「ジャン! ジャーン!」これはモオパッサンの「親ごころ」の一節であり人名であった。違う。
寺田寅彦は1927年の随筆で「高知ほとりの方言に、ものの破談になりたる事をジャンになりたりという」などと書いてあり、これは鐘の音からイメージされる海の怪異現象を表すらしい。(おジャンになる、の語源のひとつがわかり楽しい:寺田寅彦「怪異考」)
泉鏡花は1927年の「多神教」という戯曲の中で「ズーンジャンドン・ジャーン」という表現をしている。
吉川英治は1926年の鳴門秘帖で「ジャーン!すぐ、程近いすじかい見附の夜を見守るお火の見の上から、不意に、耳おどろかす半鐘の音。」これは大阪毎日新聞に連載されたから、ジャーンというオノマトペは、多くの人の目に触れたに違いない。
青空文庫内にベートーヴェンの交響曲第5番を「運命」と呼んでいる文章はあるけれど、まだ「ジャジャジャーン」は出てこない。

突然テレビの話題になるけれど、ハクション大魔王が1969年放送開始(サザエさんと一緒です)であり「呼ばれて飛び出て ジャジャジャジャーン」と言ったわけだけれど、これはやはり鐘なんだろう。とてもキャッチーな表現だ。「ジャジャジャジャーン」はベートーヴェンの「運命」にも使われる表現であるが、ハクション大魔王以前にその表現はなかったのかもしれない。語感が良いのでそれは人々の心に残ったかもしれない。

では、いつからオーケストラの音をあらわすように?
またGoogle Booksに戻り、1969年~1980年で検索してみる。
1969年、藤田圭一著の「素顔の放送史」という本の中に「交響曲第5番「運命」の主題とともに~ジャジャジャジャーン」なる表現が見える。
1970年中央公論に掲載されたらしい五木寛之「ユニコーンの旅」の中に「タッタッタッと足で床を叩いてジャジャジャジャーンと前奏だ。」という文章があるようだ。
1972年「経済と外交(596号)」の73ページ、連載コラム〈蛙声〉の中で「ジャジャジャジャーン、「運命」が鳴り響く」という表現が見られる。

山本直純さんは「ジャジャジャジャーン」と言いそうだなと思って調べたけれども検索結果なし。1973年から「オーケストラがやってきた」の放送開始。

ジャン、ジャーンというオノマトペがオーケストラの音にも使われだしたのはハクション大魔王にインスパイアされた1969年あたりなのだろうか、というのが今の所の推測だ。

さて、自分の脳内ではジャン、ジャーンは両方オーケストラなのだけれども、それはなぜだろう。なぜオーケストラのイメージが強いのだろう。

30年ぐらい前フランスに旅行したときに、生まれて初めてクロッシュ(料理を保温するための金属製のドームカバー)が現実に存在するのだなと思ったし、それをセルビスの方が持ち上げるときに、「ヴォアラ(voila)」と言うことが多くあって、その瞬間自分の脳内では「ジャーン」とオーケストラの音が鳴っていた。

米国ではどうかというと、クロッシュ(米国ではドームカバー)を使うようなファンシーなお店は数えるほどしか行かなかったように思うけれども、持ち上げる瞬間のかけことばは「タダーッ(Ta-da!) 」じゃなくて「ヒアユーアー」でちょっと残念だった記憶がある。でも子供番組では「タダーッ」は良くあって、やはり脳内ではオーケストラの音が鳴る。

そういうオーケストラの「ジャン」とか「ジャーン」という音にはちゃんと名前があるそうで、オーケストラ・ヒット、というのだそうだ。


https://yamdas.hatenablog.com/entry/20180529/orchestrahit

この表現は1980年代に多く使われたと聞けば、なるほど自分がフランスに旅行する前ぐらいの事で、「ジャン」にオーケストラのイメージが焼き付いていたのは納得が行った。

そんなことを考えていた5月14日のこと、たまたまついていたテレビではNHK連続テレビ小説『エール』の第34話が放送されていた。二階堂ふみさんが、帰宅した窪田正孝さんを「ちょっとちょっと来て来て」と居間に連れていき、布で包まれた何かを「これは何でしょう?」と見せていた。



もしかして「ジャーン」って言っちゃいますか?言っちゃいますか?とほんの数秒思ったところで、二階堂ふみさんが「ジャーン!蓄音機でーす」と披露したので、少々驚いた。(調べたらこのエピソードは1930年ぐらいのことなので、吉川英治が書いていた少し後だから、この表現が使われていてもおかしくない)

実は二階堂ふみさんが発したこの「ジャーン」が、鐘からオーケストラへの転換点でした、だったら凄く面白いのになあ、というのが感想。

2020/05/04

20200504

データはヨーロッパ連合EUのポータルサイトから。

PCRで診断された人の10%が重症化し、呼吸器をつけることになり、1-2週間で75%が亡くなるというモデルにとりあえず当てはめてみている。自分が医療崩壊を起こしたと判断するのは、このモデルでは説明できないほど死者が多くなっている場合で、今回の中ではイタリアとベルギーだ。英国、スウェーデン、米国は、ある程度コントロールされているような計算結果となる。ドイツはコントロールされている。

イタリアは、医療リソースが不足したままの状態でCOVID-19が広がってしまった国である。診断のためのPCRも十分行われているのかどうかはわからない。自分の計算では人工呼吸器のピークは4月2日で、9543台が必要だったとなっているが、第一波はピークアウトしているのが見て取れる。国土が南北に長く日本と似ている事はどういう影響があるのかはわからない。自分が子供の頃はイタリアは医者余りと言われ、医師免許を持ちながら他の職業に就いている人がかなりいたとされていた国だ。
正確なIgGテストを使った集団免疫の研究が行われて欲しい国の一つだ。

英国はイタリアとは同程度の人口でNHSという医療システムを誇る国であり、成熟した社会という印象がある。イタリアと異なるのは最初の直撃を避けたようだということで、自分の試算では必要人工呼吸器数は4月13日ごろにプラトーに達して7000台程度の状態がずっと続いている。ある程度の平衡状態にあり、医療崩壊を起こしていないような印象があった。

ベルギーは、インペリアル・カレッジ・ロンドンの数理解析チームが最も感染が広がっていると仮定していると聞き数字を拾ってみた。仮にガンゲルトやカリフォルニア、ニューヨークのデータを当てはめると国民全員が既感染、ぐらいになってしまう。神戸のデータもそのまま信用できないと思っているのは、自然免疫獲得についてはベルギーの動きが大切だから。ほぼイタリアと同じで、ピークが非常に早く来ている。ベルギーはコホート研究が非常に進んだ地域であって、今後パンデミックに対する方針を決定するときに非常に重要なデータをもたらす可能性がある。

スウェーデンはロックダウンを行わずにコントロールしている国の代表で、それを批判するマスコミもいるのだが、最初の直撃を受けさえしなければ、医療崩壊を起こさずに平衡状態を保つことができるのかもしれない。ちなみにスウェーデンは靴を脱ぐ国である。

米国は多様な国で国土が広く縦横に広がっているのが今まで挙げたイタリア、英国、スウェーデンとは決定的に異なる。すごいなと思ったのが、直撃を受けているような急峻な患者数の上昇にも関わらず、医療が破綻したと思われる死者数の増加がなくて、計算上は人工呼吸器が足りている、と私のEXCELが言っていることだ。(なんと6万台ぐらい使っている計算で、割合的にイタリア・英国の2-3倍なのだが崩壊を起こさずになんとかしてしまっている)その状態で平衡状態に達している。

ドイツは危機管理のお手本のような国だとマスコミから言われているが、本当だろうか。ヨーロッパでは最も早くにクラスターが発生した国なので、相応の備えができていたとか、ロックダウンを地方地方でまめに行ったとか、それを行う法整備が既に行われていたとか、医療が完全DPCでリソース分配が得意だとか、様々な理由があるのだろう。オーストリアと共にロックダウンの解除を行うとのことで、第二波の教師データとなるのであろう。

最後に日本であるけれど、クラスター対策をしている時期はPCRが多くなり無症状者もひっかける、クラスターがバラけてくるととたんにPCRが少なくなり、有症状の肺炎患者のみになる、という特徴がある。患者数が少ないため、結構バイアスできれいなデータにならない。今の所ある程度の平衡状態は保たれているように思えるので、6月からどのような通常診療を行うべきか、どのようなゾーニングを行うか、当院のプロトコルを決定すべきと考えている。

日本は4月前半まではもっと死亡率が低いモデルで計算が成り立っていたのだけれど、死亡率を上げないといけなくなってきた。高齢者を含むクラスターの発生や、他国よりも遥かに長期間呼吸器やECMOを装着すると考えるがその限界が数字に顕れたのかもしれない。
シンガポールはPCRの数が非常に多く見た目の死亡率は極めて低い。IgGによるデータが揃うまでは、これを逆算すると真の感染者数を推計することができ、有症状の10倍以上は感染しているかもしれないという推測は正しいのではないかと感じている。

さて、このようなデータを出すシンクタンクもある。日本は幸い他の部分で補っているものの、決定的に遅れているのは有症状であっても肺炎が起きないとPCRができず、したがってホテルなどの施設に隔離もできなくて家族に感染するのを黙って見ていなければならないという現状かもしれない。


2020/04/29

数字に慣れる

数学という教科では「すべての場合について考えたか」が問われる場面が多くあり、ある程度慣れで対応できるが、苦手な人にとってはなかなか難しいと思う。自分の場合は点数はある程度取れていたが苦手意識は拭えなかった。そのギャップは「全部の場合について考えたか」モヤッとしたまま問題を解き終えるからだ。とはいえ、問題を解くトレーニングは物事を一面からは見ない癖、その数字の並び方はおかしいなと思う感覚、などを養ってくれて、必要なものだったと感じる。(逆におかしいなと感じるものが正しかったりする矛盾が時々あることも学んだ)


東洋経済からの引用だが、これはCOVID-19の感染者の年齢分布である。
これを見て、10代以下は感染しにくいのだ、と思う人々はたぶん数字に慣れていない人々かもしれない。このグラフから、どのような事を考えるかというと、

①10代以下はCOVID-19としての症状が出にくいのでPCR対象にはなりにくい。
②10代以下には感染しにくい。
③接触が限られている老人と同様に10代以下は学校の閉鎖によって接触が制限されている。

というような事を考えるが、ではインフルエンザではどういう年齢分布になるかを参考にしてみたい。秦野伊勢原医師会における、医療機関に受診したインフルエンザ患者数の年齢分布の表を作ってみた。平成30~平成31年シーズンのものである。(子供は医療機関に親が受診させるというバイアスがかかる、という目で見て欲しい)


本来ならば行動制限をせずに、COVID-19が子供にも症状が出る感染症ならばこれに近いグラフであっただろうと思われる(40代というのは接触が最も多い年代なのだろう)色は東洋経済に似せてみた。

では10代には本当に感染しにくいのかを考えると、良いサンプルがあることに気づいた。ダイヤモンド・プリンセスである。全員ではないが多くの乗客が濃厚接触者としてPCRを受けていて参考になるだろう。



という国立感染症研究所からの報告から各年代の感染率をグラフにしてみた。
10代は23名しか乗船しておらず、誤差が大きくなるのだが、うち5名が感染しておりそれなりのPCR陽性率であることがわかる。


ここからわかることは、上記の②は否定的であり、10代は決して感染しにくいわけではなく、PCRで陽性にもなる、感染力のある感染者になり得る、という事実だ。

以上より、学校を閉鎖したことは見えないクラスター(症状が出ないので、発覚しにくい)の発生を未然に抑え込んでいた可能性がある。可能性の一つでしかないが。

中国は休校がはやく、日本と韓国は2月中には学校を閉鎖。感染がそれほど広がらなかったベトナムは2月14日時点ですでに休校を決めている。ドイツはクラスターが発生すると街レベルでロックダウンを行っていたようだ。米国は2007年にNPI(nonpharmaceutical interventions) を策定し、休校は薬剤ワクチン以外で出来るパンデミック対策の有効な手段としていた。
https://stacks.cdc.gov/view/cdc/11425
休校もロックダウンに先立って行われているようだ。

ソーシャルディスタンスを重視した対策の概要については日本語で解説したものを見つけたのでこちらにURLを貼る。
パンデミックを防ぐのに人と人の接触を減らす「非医薬品介入」はどの程度効果があるのか? - GIGAZINE

休校の延期が徐々に決まりつつあるが、議論の内容をサマライズしてくれる能力がマスコミに期待できない(申し訳ないが、全く期待していない)以上、時間がそれほどない自分には内容の詳細を知ることは難しい。こどもの成長には物理的接触が極めて重要であるのにも関わらず、これほどの長期間、活動が制限されてしまう事は心配だ。

米国の話だが、ごく少人数ならばクラスターが発生しても追跡がしやすく軽症で済む可能性が高いという理由だろうか、大学生と子どもたちをマッチングしてシッターとして活動してもらうというような試みをハーバード大学のサイトで見たし、ZOOMなどのデバイスでやはり高校生と小学生を結びつける試みがあるとも聞く。昔のボーイスカウトよろしく、集まれどうぶつの森をサバイバル感覚にして少人数でお姉さん、お兄さんたちと子供がチャットしながらゲームで問題解決をしていくような未来がふと思い浮かんだ。困難は発明を増やすそうで、スペイン風邪のときに多くの特許申請があったという記事を読んだ。人々の知恵に希望を持っている。

話がそれてしまったが、数字を見たとき、それで結論がつけられる事はとても珍しく、むしろモヤモヤした状態の中で最適解を探していく事が連続する。数字は事実をあらわすのだ!と簡単に言うなかれ。(ファクト!とか言ってる人は幸せでいいよなあ)それが自分の言いたいことだ。

2020/04/21

4月の咽頭違和感について思うこと

COVID-19パンデミックのこの時期、当院に増えたのは「咽頭違和感」です。ストレスにともなうヒステリー球、口腔内乾燥、逆流性食道炎の発症が増えたのかもしれない。このあたりでは草木を消毒をする時期であることは関係するかもしれない。しかしその中に本物が混じるので気が抜けない、いつものような内視鏡で安心をする技も使えません。(3月から内視鏡は緊急例を除き休止しています)

ほぼ無症状で発熱がないコロナウイルス感染症ならばしかし、1週間で症状は消えるでしょう。例外的に副鼻腔炎などの併発で長期に渡りPCR陰性にならない症例はありますが。(日本感染症学会に多くの症例報告があります。先生方のご努力に感謝します)

発熱の有無は重要であり、起床時と、午後あるいは夜の2回の測定はこのとき役立ってくる。なぜなら体温はその人固有のもので個人差があり、どこまでが正常とは言えないからです。今からでも遅くないから毎日測定しておくと良いでしょう。(測らずに「熱がない」の自己申告は、意味をなしません。なぜならば夕方には37度を超えることが多い事を知らない人こそ、そういう事を言うからです)

米国CDCでは初発の症状から7日間経過し、かつ呼吸困難や発熱が完全にない状態が3日続いたら観察期間を終了するとしています。そのレベルならばウイルスの排出は少なくクラスターは作らないという判断です。(まだ暫定)

Discontinuation of Isolation for Persons with COVID-19 Not in Healthcare Settings (Interim Guidance)

もともとインフルエンザ流行の1-2ヶ月後から咽頭違和感の患者さんは増えます。PM2.5の時期でもあります。アレルギーや4月の年度代わりのストレスも関連するでしょう。つまり例年この時期は、咽頭違和感の患者さんは多いのです。

これをお読みになって皆さんがどう判断されるかはわかりません。

私を信頼している患者さんには催眠がかかるらしく、2世紀の本である傷寒論に咽中炙臠の記述があったり、フロイトがヒステリー球の記述をした時代背景の事を話すとそれだけで症状が軽くなるようではあります。

問い合わせをしてくるほとんどの患者では症状が通常のやり方では取れず苦しむようです。例えば抗生物質で治らなかった、トラネキサム酸で治らなかった、イソジンやお茶うがいで治らなかった、などです。

咽頭違和感や口腔内違和感がとれれば良いと思いますから、例えばまだ処方されていなければ胃酸分泌抑制薬を試す、傷寒論にある半夏厚朴湯でも良いです。例えば0.9%塩水でのうがいをしてもらう。(うがいぐすりやお茶などは症状を悪化させることがありますので医師のアドバイスを受けてください)ビタミンB2、B6、あるいは亜鉛、鉄欠乏があれば鉄などのサプリメントの服用、など他にも色々ありますが、それらで症状が楽になれば幸いです。

いつものごとく、当院への来院が減ることを祈って書いています。

問い合わせはメールかLINEで。今は忙しいため返信が遅くなるかもしれません。

2020/03/13

比較的多い電話問い合わせまとめ(随時更新するかも)

Infodemic(インフォデミック・情報が多すぎる状態)に巻き込まれますと適切な情報にたどり着くことは難しいので、その時に身近にアンテナ役がいると良いかもしれません。

コロナウイルスに関してはその状態です。ウイルスの特徴としては、無症状が多い、症状が出る前からかなりのウイルスを排出する、発症したら高齢者や基礎疾患のある人は死亡することが一定の確率である、やっかいなウイルスです。

緊張感を保ちつつ、支え合い、自分がかからないように、無症状のスプレッダーにならぬように振る舞う必要があり、患者さんには例えば以下のようなサイトをおすすめしています。

神奈川県新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q15

元々はこういうアドバイスですが、
1.感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける
2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
3.できるだけ全員がマスクを使用する
4.小まめにうがい・手洗いをする
5.日中はできるだけ換気をする。
6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する
7.汚れたリネン、衣服を洗濯する
8.ゴミは密閉して捨てる
もう少し細かく、例えば
1.トイレが2つ以上あるならば感染を疑われる人とその他の方のトイレ洗面所を分ける。
2.換気は1時間あたり10分程度
3.消毒はアルコールか次亜塩素酸で
などを追加して説明しています。