2018/03/25

不安は不快な感情ではない

自分は文章を、読む人にあわせて何通りにも書き直すことが良くあり、下の2つの文章は同じ内容を別の書き方で示したものです。言いたいことは、患者さんは良く不安になるのだけれど、検査をしてもしなくても一定の時間が経てば不安な状態ではなくなるわけで本来ならば不安を理由に検査しなくても?と思ったりするという事。逆に医療者側が「安心」を謳うのは詐欺っぽいので自分はなるべく「安心のために」などとは言わずにただ淡々と「科学的には必要」と言うにとどめている、という事です。もちろん演技的に患者に検査を受けるように訴えかけることはありますが、患者が科学的な思考の人ならばそうする必要は特にありません。


「情緒の系図」という本で哲学者の九鬼周造は「不安」を上手く書きあらわしています。すなわち一か他かの決定を孕んでいる危機の情緒が「不安」である、と。未来の可能性に対する緊張状態であり、しかしそれは不快とは限らないとも書いています。我々が行う治療には必ずリスクがつきまとい、未来は不定であるから、不安は医療の添え物のように存在するはずです。その乗り越え方には多様性があり、どれだけ多くの乗り越え方を提供できるかが医師の力量度量であると思います。第一次世界大戦終結はヨーロッパの人々をたいへんな不安状態におとしいれました。戦争が終わったのに、ますます不安なのです。ではどうやって彼らはそれを突破したか、というとそれが「実存主義」で、その言葉を聞いたことがあるでしょう。この実存という言葉は九鬼周造が作ったものです。ものすごく簡単に言うと個人・現実を大切にしよう、という事です。有名なのはサルトル。医学においてこの考え方は便利で「不安、未来に到達することで解消される精神状態です。一歩ずつ前に進みましょう」という主張に使えます。


第一次世界大戦は当時のヨーロッパの人々の価値観を破壊してしまい、特に宗教を背景にした確固たる自信は失われたようで、長い「不安の時代」に突入したみたいです。日本は戦争で疲弊したヨーロッパと比較すると非常に裕福であり、当時ヨーロッパに留学した日本人、九鬼周造もその一人ですけれどもずいぶんと良い暮らしをしたようです。おかげでその思想が輸入できたみたいですが。
そこで発生してきたのが「個人主義」「今を楽しもう」というようなコンセプトです。めっちゃ大雑把だけどそれが実存主義なんでして、その考え方はいろんな不安を抱えている人と話し合う時に、「不安は未来の結果を予測する気分のひとつ」「しかしその未来が来た瞬間、その不安の有無はなんの意味ももたなかった事に気づくだろう」「その気分は良くも悪くもないけれど、とりあえず今をしっかりと生きようね」と説得するために使います。九鬼周造が実存主義という言葉を最初に使ったんですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿